文章が苦手なあなたへ、文章上達の5つの方法

毎日続けることをベースに上達を加速させる方法

拝啓 文章を書くのが苦手だ!とか、
どうすれば文章は上達するのか?とお悩みのあなたへ。

僕も文章はうまくありませんが、
以前はもっと下手くそでした。

それでも少しずつ上達しました。
下手であるほど伸びしろがあるともいえます。

では、どうすれば上達するのでしょうか?
基本は毎日コツコツ書き続けることです。

言語に関しては毎日コツコツやることが上達のベースになります。

その上達の速度をいかに加速するかは、どんな方法を取るかによります。

今回は文章上達の5つの方法をご紹介します。

文章上達の5つの方法とは?

文章上達の方法は次の5つです。

  1. スピードメモ
  2. ターゲット設定
  3. フォーマット
  4. 時間計測
  5. アウトプットテクニック

毎日コツコツ書き続けながら上記の5つを意識しましょう。

いきなり5つ全てを意識するのは難しいので、1つずつでいいのでトライしましょう。

5つの方法を解説

スピードメモ

ともかくアウトプットする、というのがコツです。

頭の中に文章をためず、どんどん紙の上に書き出しましょう。

[blogcard url=”https://kotu.site/speed_memo/29/06/2018/”]

ターゲット設定

誰に書いているかを明確にしましょう。

コアな層に向けて書いているのか?

それともビギナー?

このあたりをはじめに設定しておくと書くべきことが明確になります。

[blogcard url=”https://kotu.site/blog_basic_writing/21/06/2018/”]

フォーマット

まず、PREP法というフォーマットで書くことを意識しましょう。

[blogcard url=”https://kotu.site/blog-30minute/05/06/2018/”]

時間計測 & アウトプットテクニック

中級者・上級者向けになりますが、時間計測ツールを使った時間管理と親指シフトなどのアウトプットテクニックもあります。

[blogcard url=”https://kotu.site/speedwriting/23/06/2018/”]

まとめ

もし、このページを読まれたあなたがブログをやっているのなら、1つの記事ん対して1000文字くらいを目標にしましょう。

でも、いきなり1000文字は無理、400文字しか書けないという人は、500文字、600文字と少しずつ文字数を伸ばしましょう。

そうしたコツコツ努力の中で5つの方法を実践し習慣化することがポイントです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です