スピードライティングの技術

ライティングは速く書くほど有利

ブログの記事を毎日更新させるためには、限られた時間の中で記事を書く必要があります。

また、企画書を書く時もプレゼンに間に合わせる必要があり、書く行為は常に時間との戦いです。

そのため、速く書く能力が高いほど有利と考えられます。

今回は少しでも速く書くスピードライティングのコツを紹介します。

なぜ、速く描けないのか?その原因は4つ

速く描けない人の特徴は4つあります。

  • 考えながら書いている。
  • テクニックが未熟。
  • 時間に対する意識が低い。
  • 時々しか書かない。

です。

原因1 考えながら書いている

「考えながら書く」は伝えるべき内容が頭の中で固まっていないのにパソコンに向かっている人です。

本人は「書いている」つもりかもしれませんが「考えている」「悩んでいる」という状態です。

パソコンに向かう前に伝えるべき内容をまとめておきましょう。

原因2 テクニックが未熟

例えば、キーボードを叩くのが遅い人です。

ブログの記事1本の文字数を1000文字とした場合、30分で書けるか、1時間かかるか、それとも2時間?で、ブログの記事本数は大きく変わってきます。

キーボード技術を向上させることで書くスピードは確実に高まりまう。

原因3 時間に対する意識が低い

原因2とも関係することですが時間に対する意識が低いと文章を書くスピードはアップしません。

30分で書こう!と目標を決めて記事を書けば、最初は難しくても、何度もチャレンジすることで、やがて30分で記事を書けるようになります。

原因4 時々しか書かない

書くとか喋るとか言葉に関することは、時々、練習するのでは身につきません。

受験勉強のように毎日コツコツやることが書くスピードを高めるポイントです。

スピードライティングの4つの技術

事前に伝えるべき内容を整える

パソコンに向かうまえに伝えるべき内容を整えましょう。

やり方は、紙とメモを使います。

(iPadとApplePencilの組み合わせでもいいです)

まず、箇条書きで頭の中に浮かんだことをメモリます。

その箇条書きをPREP法で整えましょう。

A4の紙、1枚くらいのスペースに考え方のメモを説明できるようい順序立てて書き留めましょう。

速くアウトプットするテクニックを使う

キーボードタッチの速度を速めるには

  • ブラインドタッチ
  • 親指シフト

などがあります。

[blogcard url=”https://www.youtube.com/watch?v=UrNkbJ9Bolw”]

[blogcard url=”https://yossense.com/oyayubi-shift/”]

こういった技術を身につけることがスピードライティングの基本です。

よく使うショートカットを覚えることも大切です。

時間管理ツールを使う

スマホについているタイマーでも、手元にあるストップウオッチでもいいので記事を書くときはかかった時間を計測しましょう。

僕はtoggleを使って常に時間を計測・記録しています。

[blogcard url=”https://toggl.com/”]

継続して書く

僕はブログの記事は1日1本を義務づけています。

毎日書き続けることで文章を書くスピードは確実にアップします。

その点、日々の運動を欠かせないスポーツと書くことは似ています。

まとめ

速く書く技術というと親指シフトなどの情報が主役になりがちですが、「考え方をまとめる」「技術」「時間」「継続」の4つの視点でテクニックを磨く必要があります。

4つのテクニックを使ってライティングスピードを高めましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です