企画アイデアをだす、問題発見の引き算メソッド

問題発見の具体的なやり方

昨日「アイデアがひらめく、問題発見の3つの方法」を記事にしました。

アイデアがひらめく、 問題発見の3つの方法

今日は問題発見のやり方をもう少し具体的に紹介sます。

問題発見のメッソッドは引き算

例えば、ベンチマーク資料を眺めていても自社と他社の「差」に気がつかなければ問題を見逃してしまう可能性があります。

つまり、

他社ー自社=差

という引き算をきちんとできることがポイントです。

問題発見の引き算にはバリエーションがある

問題発見の引き算にはバリエーションがあります。

  • 他社ー自社=不足しているもの
  • 理想ー現実=ギャップ
  • ニーズー機能や価格=ユーザーの不満

となります。

引き算の結果に応じて解決策を考えれば、それがアイデアとなります。

まとめ

問題発見の引き算を身につければ、企画のアイデアをさらに高めることができます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です