企画のライバルをチェックし、 コンペに勝てる企画をめざす。

企画にはライバルが3人いる。

もし、あなたが担当する企画がコンペ企画なら、ライバルは3人いると思いましょう。

1人目は「コンペジター(競合)」、2人目は「過去」、そして、3人目は「あなた」です。

この3人のライバルに負けないように企画を立てることでコンペに勝てる企画を立てられます。

コンペジター、過去、あなたの確認しよう。

コンペジターの確認

コンペ企画を受けたら「競合はどこですか?」とコンペジターを確認しましょう。

例えば、キャンペーン企画のコンペの場合、コンペには広告代理店、印刷会社、制作プロダクションなどが参加します。

それぞれの会社の特徴を活かして企画を出してくるので相手を知ることで対策を取ることができます。

過去企画の確認

どんなに優れた企画でも過去に採用されていたらアウトです。

そんな企画をプレゼンしたら「勉強不足だね」と笑われてしまいます。

過去にどんな企画が提案され、採用されたか、洗い出すことが大切です。

あなた自身の確認

企画を立てるのはあなた自身です。

企画の目的はきちんと設定されていますか?

アイデアを出すために資料収集・分析などの準備はできていますか?

企画の内容をワンワードで要約できていますか?

あなた自身のチェック項目をクリアして優れた企画をめざしましょう。

まとめ

企画には勝ち負け(採用されるか、不採用か)がつきものです。

採用されるにはライバルを知り、対策を練ることを徹底しましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です