思いついたことを手で箇条書きに書き出すだけでアウトプットのクオリティは高まる

ようこそ、コツサイトへ。
きのカズです。

 

最近、散歩をしていてあることに気がつきました。

 

以前は、散歩中にヒラメキが湧き、iPhoneのアプリ
「シンプルノート」にすぐメモしていました。
散歩は僕にとってアウトプットタイムだったのです。

 

それが、最近、散歩中にメモを取ることがほとんどないことに気づきました。
ヒラメキが減ったり、思考が停滞している、という訳ではありません。
それどころか、以前に比べアウトプットは高まっています。

 

本日は、その理由について紹介します。

 

ともかく、手で書き出すこと

以前にも記事に書きましたが『O秒思考』を読み、
テーマを決め、A4の紙に思いついたことを箇条書きで書き出す
というやり方を日々の生活に導入しました。

 

その記事が以下です。

0秒思考を実践!手書きアウトプットによる思考の整理

『0秒思考』はamazonをご参照ください。

 

僕は、A4サイズの裏紙にボールペンで書き込んだり、
iPad2018とapplepencilを使って
アプリ「GoodNotes」に書き込んだりしています。

 

企画書や原稿の下書き、
アイデアだしにはA4サイズの裏紙を使い、
プライベートなことや他人に見られたくない
内容はパスワード設定ができるiPadを使う、
というように使い分けをしています。

 

このように「箇条書きで頭に浮かんだことを、手で書き出す」
というルールを徹底することで
アウトプットが格段によくなりました。

その分、散歩をするときにはアウトプットが完了していて、
以前のようにメモをとることがなくなったのです。

 

まとめ

思いついたことを箇条書きで書き留める。

たったそれだけのことですが、

頭の中にあったものを外部に出すことだけで
その言葉は現実となり、実現へ向けて一歩を踏み出したことになります。

誰でもできることなので、ぜひお試しを。

個人の感想ですが、
テーマを決めて思いついたことを箇条書きで書き留めるという作業を
1ヶ月も行えば、アウトプットのクオリティを高めることができると
思いました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です