個人が情報発信する時代にふさわしい、 情報共有の新しいスタイルとして「教える化」

ここに「教える化」宣言をします。

突然ですが、ここに個人が情報発信する時代にふさwしい、情報共有の新しいスタイルとして「教える化」を提案します。

20世紀の「見える化」、21世紀の「教える化」

「教える化」は20世紀に製造業で生まれた「見える化」に似ています。

「見える化」は

「見える化」の実施を検討される企業様は「ビジネスにおける問題を常に見えるようにしておくことにより、問題が発生してもすぐに対応できるようにしたい」と考えられています。さらに「見える化」を実現することにより、問題点がどこにあるかが明確となり、カイゼンすることにより問題が発生しにくい組織へと成長することが可能です。

https://www.ntt-tx.co.jp/column/mieruka/01/

ということです。

つまり、企業が改善のために問題点を見えるようにして、問題点をわかりやすくしたこと、それにより問題点を共通認識として共有しやすくしたのです。

「教える化」も分かりやすくし、共有しやすくするためのコツ(テクニック)です。

特に、個人が情報を発信する時代、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)を改善するのに役立ちます。

「教える化」のやり方

「教える化」のやり方は、

  • 日常生活や仕事における体験や感想、考えなどから教えるポイントを抽出
  • PREP法にそってストーリー化
  • ブログなどで実際に「教える化」を意識して情報を発信する。

この3つを日々、繰り返すことで「教える化」のテクニックを磨くことができます。

PREP法に関しては以下の記事を参考にしてください。

https://kotu.site/blog-30minute/05/06/2018/ ‎

まとめ

これからの時代、個人の情報発信がさらに重要な役割を果たすようになるでしょう。

それには検索されることも大切ですし、検索した人に役に立つ情報を提供することも意識していかなければなりません。

そういった状況で、より多くの人たちと情報を共有するためにも「教える化」はきっと役に立つでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です