Macのmail.appに届いたメールを振り分ける方法

ようこそ、コツサイトへ。

プランナーのきのカズです。

毎日、メールがたくさん届きます。

なかには大切なメールを見逃してしまう時があります。

そういったミスを防ぐ方法として送られてきたメールをボックスに振り分ける方法をご紹介します。

大切なメールだけ振り分けられるボックスがあれば、そこだけ確認していれば見逃す心配はありません。

では、そのやり方をご紹介しましょう。

Macのmail.appのメールの振り分け方法

今回は、Macのmail.appでのやり方をご紹介します。

(Winユーザーの皆さん、ごめんなさい)

まず、Macのmail.appを立ち上げます。

以下の画像のように「メールボックス」から

「新規メールボックス」をクリックします。

すると以下のような入力欄が表示されます。

僕はココナラの出品サービスを始めたので

ココナラに関するメールが振り分けられるボックスを作成しました。

差出人はアドレスを、

メッセージ全体なら固有名詞など条件を入力します。

この条件にマッチしたメールが指定したボックスに振り分けられます。

僕の場合はココナラのメールアドレスと、

ココナラ、coconalaなどの固有名詞を入力しています。

するとmail.appのスマートメールボックスの欄に

ココナラのボックスが表示されます。

このボックスをクリックするとすでに送られてきたメールが表示されます。

まとめ

とても簡単に専用のスマートメールボックスを作ることができました。

メールを整理して効率よくミスなく運用しましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です