iPadでテザリングを始める方法

今日はテザリングの話です。
実はこの記事を書くまで「デザリング」だと思っていました。
正しくは「テザリング」だそうです。
スペルは“tethering”です。

このようにテザリングの初心者である僕がなぜ、テザリングを導入するようになったかから紹介しましょう。

そんなの読んでいる暇はないという方は「デザリングの始め方」からどうぞ。

子供が勉強のためWi-Fiルーターを欲しがった

子供が、外出中にiPadで動画を見たいのでWi-Fiルーターが欲しいといいだしました。
TOIECを受けるので英語の勉強をしたいそうです。
僕はWiFiルーターを持っていますが、外出先でMacbookairを接続するのに必要です。
昨日、ドコモショップへいって新しいWi-Fiルーターの購入を相談したところ、2年契約がぜんていで初年度で3000円、次年度で4000円、終了付きにプラス差額を払う必要があるとのことです。
うーん、ちょっと高い。
すると我が家のデバイス状況を確認しながら、お手持ちのiPhoneやiPadでデザリングしてはどうですか?とアドバイスをいただきました。
これは良いアイデアです。

デザリングをこれまで導入しなかった理由

実はデザリングは初体験。
ドコモのスタッフの方によると最近はデザリングする人が多く、WiFiルーターを契約する人の方が減っているそうです。

僕がデザリングを使わなかった理由はiPad(あるいはiPhone)サイドのバッテリーの消耗が早いというのがあります。デザリングが登場した数年前、知り合いが使っていた時、バッテリーの減りが早いので使えないと嘆いていたのでその印象が強く残っていました。たぶん、その状況は改善されていると思われます。

結論として、我が家は僕(父)が使っていたWi-Fiルーターを、子供が外出先で動画で勉強するために貸すことにしました。
僕はiPad(あるいはiPhone)でMacBookAirをデザリングすることにしました。

デザリングの始め方

iPadを例にデザリンを始める手順を紹介します。

  1. 設定をタップする
  2. インターネット共有をタップする
  3.  “Wi-Fi”のパスワードをタップする
  4. 初期パスワードから新しいパスワードに変更
  5. 右上の「完了」をタップする

以上で設定はおわりです。

MacBookAirでデザリングをしてみる。

  1. Wi-Fi接続のアイコンをタップする
  2. 「〇〇○○のiPad」という表示を選択する
  3. パスワード入力した新しく設定したパスワードを入力する

以上で接続完了です。

まとめ

すごく簡単に設定と接続ができました。
デザリングを導入することで新たにWi-Fiを購入することなく
親子で外出先でもネットや動画が楽しめるようになりました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です