iPad2018とApple Pencilを導入・確認・書き心地

日頃の仕事のイノベーションツールとしてiPad2018とApple Pencilを導入

企画や原稿の仕事をしているとメールでPDFのやりとりが多い。

赤字を入れるとなるとプリントアウトすることになる。

これは紙も無駄だし、面倒です。

近くにプリンターがないとできないので場所も選びます。

そういった課題を解決するために最近はエバーノートにPDFをアップして注釈機能で赤字を入れてました。

これはどこでも赤字を入れられて便利なのですが、マウスや指で入力することになり、痒いところに手が届かない感じがつきまといました。

この点を一気に解消するために念願のiPad2018とApple Pencilを導入することにしました。

これは僕にとってはちょっとしたイノベーションです。

では、iPad2018とApple Pencilを導入・確認・書き心地についてレビューします。

まず、iPad2018とApple Pencilをリンク

接続の仕方は以下の通り。

  1. iPadのBluetoothをオンにする
  2. iPad2018とApple Pencilを接続する
  3. 表示されたメッセージに従う

以上で接続完了です。

びっくりするくらい簡単です。

接続を確認する

設定>Bluetoothを開きます。

「Apple Pencil接続済み」のメッセージが出ていたら接続は成功しています。

Apple Pencilを使ってみるーとりあえずメモアプリで

メモアプリを起動してApple Pencilの使い心地を確認してみましょう。

  1. メモアプリを起動する。
  2. 右下の隅にあるペンシルマークをタップする。
  3. ペンの種類、色を選ぶ。
  4. 消すときは消しゴムツールで。
  5. ガラス面にペンで書くので紙よりもほんの少し抵抗を感じます。

でも、ほとんど紙に書いている要領で書き込みができます。

マウスや指先よりも数十倍便利です。

まとめ

iPad2018とApple Pencilの導入の仕方と書き心地をレビューしました。

導入は簡単、書き心地は満足のいくものでした。

校正作業が効率アップできそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です