アウトプット不足を痛感!アウトプット脳の鍛え方

ようこそ、コツサイトへ。
きのカズです。

 

『アウトプット大全』を買いました!
今、まさに絶賛読書中、書評はまた後日書きます。
読んでいる途中での気づきが今日のテーマです。

 

それは自分はアウトプットが不足している!という事実です。

 

インプット3割、アウトプット7割がベスト!

『アウトプット大全』には「インプット3割、アウトプット7割がベスト!」と書いてあります。
小学3年から中学2年まで100人を対象にした実験で実証されているそうです。
だから、科学的に裏付けのあるデータです。

 

自分の日常を振り返るとインプットが圧倒的に多いです。

 

インプット6割、アウトプット4割くらいか?
下手をするとインプット8割、アウトプット2割くらいかもしれない。
少なくともアウトプットがインプットを上回ることはない。

 

『アウトプット大全』の著者・樺沢 紫苑さんは

  • メルマガを毎日発行
  • Facebookを毎日更新
  • Youtubeを毎日更新
  • 毎日3時間以上の執筆
  • 年2〜3冊の執筆
  • 新作セミナー毎月2回

行なっているそうです。
ものすごいアウトプット量です。

 

このことからわかるのは、やろうとおもえば(実行に移せれば)
アウトプットするルートがいっぱいあるということです。

 

アウトプット脳を鍛えよう!

じゃあ、何でアウトプットできないのか?
そう考えた結果、僕の結論は「アウトプット脳」が自分に不足しているということです。

 

アウトプット脳とは僕が勝手に考えた言葉ですが
「誰かに伝えるなら、どう語るか」と考える脳であり、
「誰に、何を、いかに語るかのストーリー化」を考える脳です。
そういった頭の使い方をあまりして来なかったのですね。

 

仕事で企画書やコピーを考える時はもちろんアウトプット脳を使っていましたが、
例えば、プライベートの時とか、そんなこと考えもしてませんでした。

 

これからは24時間オール「アウトプット脳」を意識して鍛えていきたいです。

 

まとめ

良質なアウトプットを行うには良質なインプットが必要である、
と僕は考えてきました。

 

もちろん、それは事実だと思います。

 

質の低いインプット、例えばフェイクや誰もが知っている情報からは
突然、質の高いアウトプットは生まれないからです。

 

でも、インプットとアウトプットのバランス、という
観点で考えたことはありませんでした。

 

しかも、インプット<アウトプット
3:7が黄金比率だなんて。知るすべもありません。

この事実を知って、早速、アウトプットを高めるライフスタイルを目指すことにしました。
アウトプットするルート(手段)はいっぱいあるのだから活用しない手はありません!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です