アイデアを形にする「継続」と「習慣化」

アイデアを実現するには頭の中からアイデアを取り出し、現実の世界で形にしなければなりません。
でも、このアイデアを現実の世界で展開するには結構パワーを必要とします。
そのため、たくさんの人が良いアイデアが浮かんでも「めんどくさい」とか「今度やろう」と思ってアイデアを頭の中にほったらかしにすることになります。
今日はそういった事態をさける方法を考えてみました。

大きなパワーを必要とするアイデア実現に「継続」で対応。

アイデアを現実の世界に展開するにはパワーがいる、
そのため、「やーめた」という状態になりがちである、と書きました。
この状態を回避するにはパワーを一気に使わない、
言い方を変えればパワーを分散するという方法をおすすめします。
一気にやらない、の反対は、毎日コツコツやる、です。
一言でいうと「継続」となります。
少しずつやれば1回に使うパワーも少なくて済むので負担がありません。

継続の落とし穴に対応する「習慣化」

でも、この「継続」にも落とし穴があります。
他のことに気をとられていたり、バタバタすると発生する「うっかり忘れる」です。
これを防ぐには「習慣化」が最適です。
朝起きたら顔を洗う、というように生活の一部に書かせいない行為としてアイデアを実現する作業を取り込むのです。

「習慣化」をうまく導入するには

「習慣化」を実現するには習慣を管理する「GOOD HABIT」などのアプリを使用するのも一つの手段です。

朝、1時間早起きして、その時間は仕事も家のこともやらないアイデアを実現する時間ときめて実行するのもいいでしょう。

まとめ

今日は自分のアイデアを効率よく実現する方法を考えていて思いついたことを記事にしました。
アイデアは「継続」と「習慣化」で実現することができます。
続けることが大切です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です