Google chromeのデザインがリニューアル!その特徴を調べてみた

ようこそ、コツサイトへ。
きのカズです。

先ほどGoogle Chromeの何かが変!と気がつきました。

PC版を使っていますが、タブのあたりがなんか丸くなっています。

気がつきませんでした。

いつからこうなったの?なぜ?

というわけで検索してみました。

Chromeリリース10周年のアニバーサリー・エディション
「Google Chrome v69」

色々なページがChromeのデザイン変更を紹介してました。

9月6日にChromeリリース10周年のアニバーサリー・エディションとしてリリースされたようです。

名前は「Google Chrome v69」。

その特徴は

  • “HTTPS がデフォルト
  • アドレスバーの[🔒保護された通信]インジケーターが削除、錠マーク[🔒]だけに
  • タブの形状が台形からラウンドデザインに変更、サイトのアイコンが見やすくなった
  • より安全になったパスワード管理機能
  • 「オムニボックス」もアップグレード
  • 多くのタブが起動時、サイトが重複していることを教えてくれる機能
  • Googleドライブ上のファイルを検索できる機能

などがある。

タブのデザインが丸みを帯びて「嫌!」という意見もあるが、
その辺りは人それぞれだと思う。

 

どうしても前のデザインが恋しい人は
元のデザインのChromeに戻す手段もあるようだ。

[blogcard url=”https://gigazine.net/news/20180906-chrome-old-look/”]

まとめ

正直な話、Chromeのデザインが変わったことについさっき気がついた。

昼寝から目が覚めてふっとみたら「デザインが違う!」と驚いたのだ。

もし、9月6日に切り替わっていたら2週間近く気がつかなかったことになる。

ともかく衝撃的なびっくりだったのだ色々と調べてみてわかったことをアップしました。

以下のサイトを参考にしています。

ありがとうございます。

10周年の「Google Chrome」が大幅リニューアル。劇的に使いやすい新デザイン、パスワードの使い回し防止も

「Google Chrome」から10周年、新デザインをまとった「Google Chrome 69」が正式公開

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です