Apple Pencilのオススメアプリ、GoodNotes・投げ縄ツールの使い方

GoodNotesの投げ縄ツールの使い方

GoodNotesのことは、以下の記事にも書きました。

[blogcard url=”https://kotu.site/goodnotes/07/07/2018/”]

Apple Pencilとの接続も簡単、文字校正やメモ書きに欠かせないツールになっています。

そんなGoodNotesですが、初めて使った時、投げ縄ツールの使い方がわかりませんでした。

今日はその投げ縄ツールの使い方をまとめておきます。

操作は囲んで機能を選ぶだけ!

  1.  まず、メニューの投げ縄ツールを選びます。
  2.  選ぶとアイコンが青くなります。
  3. 次にApple penncilで対象となる文字や図を囲みます。

4.囲んだら、波線をApple penncilでタップします。

5.すると機能メニューが表示されます。

 

機能は

  • スクリーンショットを撮る
  • サイズ変更
  • カラー
  • 変換
  • カット
  • コピー
  • 削除
  • です。

画期的な機能は手書き文字の自動テキスト化

なかでも画期的な機能は、手書き文字のOCR認識による自動テキスト化です。

やり方は

  1. 機能メニューから「変換」を選ぶ
  2. 自動テキスト化される

右上のアイコンをタップしてテキストを外部ストレージなどに送ることができます。

ちなみに「変換」を選択後、English(US)になっている時があります。

その場合、妙な自動テキスト化となりますので、English(US)をタップして日本語を選択しましょう。

きちんとした日本語テキストが表示されます。

まとめ

手書き文字をOCR認識で自動テキスト化するなんて、とても画期的です。

特にMACなどAppleはOCR認識が遅れているのでGoodnotesの投げ縄ツールはとても便利。

Apple PencilのパートナーとしてGoodnotesはおすすめです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です