コンテキストについて学び、感じる。

コンテキストには7つの切り口がある

昨夜、「コンテキストの理解と実践」UXワークショップ:【第50回】に参加しました。

そこでコンテキストとは何かを学びました。

例えば、コンテキストには

1: デバイス

2: 環境

3: 時間

4: 行動

5: パーソナル

6: 場所

7: ソーシャル

というように7つの切り口があるそうです。

要件とコンテキスト

例えば、自動販売機でジュースを買うとき、

「ジュースを買う」が「要件」で

それ以外のことが「コンテキスト」になり得るということでした。

今回、このワークショップでコンテキストについて学びましたが、使いこなすにはまだまだ修行をしなければいけないようです。

コンテキストを学び、気をつけていると「あっ、これがコンテキストね!」と気づく瞬間があると講師の方がおしゃっていました。

なるほどなぁ、と感心しながらワークショップを終え、昨日は事情があり都内のカプセルホテルに泊まりました。

なぜ、ホテルの話をするかというと、そこでコンテキストの気づきがあったからです。

コンテキストの気づき

カプセルホテルの洗面所は共同です。

大きな鏡があり、手前に手を洗う洗面台があります。

鏡と洗面台の間に物を載せられる空間があります。

これが結構、広い。

そのせいか、洗面台の前に立つと鏡との距離がかなりあります。

少なくとも我が家と比べると。

そのため、朝、ヒゲを剃るとき、剃り残しがないかなど、目視で確認しづらいのです。

その時、洗面所の壁に顔を近づけて確認できる鏡があればいいのに!と思いました。

この場合、要件は「髭をそる」。

コンテキストは「鏡」「距離」になるのでしょう。

コンテキストを学んだことで、それに気づくセンサーが自分の中に少しできたような気がします。

まとめ

コンテキストには7つの切り口がある。

基礎を学ぶことでコンテキストに気づくことができるようになる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です