当たり前のことも書こう!ブログ記事の書き方

なぜ、ブロガー本は厳しいカスタマレビューたつくのか?

今日はamazonのトップカスタマーレビューを見ていて気がついたことを書きます。

対象となる本はブロガー本です。

効率化オタクが実践する 光速パソコン仕事術

「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

どちらも星5つもあれば、星1つもあります。

今回はこの星1つに注目しブログ記事の書き方について考えてみました。

カスタマーレビュー星1つの特徴

amazonの書籍を紹介するページには下の方にトップカスタマーレビューがあります。

ブロガーが著者の本なら、ブロガーのファン、本のテーマに惹かれた人など、様々な方たちが本を読んだ感想を書き込んでいます。

コメントには星がついており5段階の評価になっています。

星5つが最高点、星1つが最低点です。

ブロガー本の星1つのコメントの特徴は「この本には目新しい情報がない」「WEBで検索すれば手にはいる情報ばかり」といったものです。

誰を意識して書かれた本か?

ブログは読者を意識して各メディアです。

マスメディアである出版も読者を意識しましが、それは「読者層」という言葉に表されるように「層(グループ)」です。

一方、パーソナルメディアのブログは「ペルソナ」を想定するように、1人の読者を想定してその人に向けて情報を発信します。

野球に例えるなら本とブログではストライクゾーンが違います。

ブログの方がストライクゾーンが狭いため、幅広い層がターゲットになる本の場合、これは自分に合っている、合っていないという反応が起こるのでしょう。

ブロガー本の読者層から考えるブログの書き方

ブロガー本を読者層は

  • ブロガーのファン
  • 知っておくべき基本方法を知りたい人やITリテラシーの低い人(だから、本で情報を手にいれたい人。いわゆる初心者)
  • ある程度、知識があり、ITリテラシーの高い人
  • の3つに分けられます。

1が評価の高い星5つレベル(ファンだから)、2も評価が高く星4〜5つ、3の評価が厳しく星1つはこの層がつける

と考えられます。

もし、ブログの読者に初心者を想定しているんであれば、

  • 目新しい情報がなくても必要な情報
  • WEBで検索すれば手にはいる情報

でも改めて書く意義はあります。

もちろん、二番煎じではなく、後発なら工夫が必要になります。

まとめ

ブログの記事を書いていると、このネタはすでに別のブログで書かれている!というときがあります。
それでもそういうネタや情報を求めている読者がいるなら、気にせず書くと良いでしょう。

目新しい情報がなくても必要な情報、WEBで検索すれば手にはいる情報にもニーズはあります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です