キーワードの組み合わせで多角的に情報を収集する

キーワード設定がうまくなると企画のクオリティもアップする

企画は資料集めなどの準備でそのクオリティが決まります。

そして、資料集めのポイントはwabを使ったキーワード検索です。

今回はキーワード検索のコツをご紹介します。

まず、与えられた資料からキーワードを抜き出す

クライアントから入手したオリエンシートなどを読み、企画の骨子となるキーワードを抜き出しましょう。

オリエンシートに「目標」という項目があればそこをチェックします。

例えば「教育市場における新規事業計画の提案」という目標であれば「教育市場」がキーワードになります。

キーワードで検索する

キーワードを抜き出したらWEBで検索します。

「教育市場」なら「参考資料 – 経済産業省」「Apple、Google、Microsoftの教育市場への取り組み」「市場環境 | ベネッセ早わかり」「教育産業の市場動向を解説 | eラーニングの市場規模は?」といった情報がヒットし市場動向などの情報を手に入れることができます。

多角的に情報を手にいれため「サジェスト機能」を使う

「教育市場」のキーワードにさらに別のキーワードを組み合わせて、より多角的な情報収集を行いましょう。

以下のツールを使うと、組み合わせるキーワードのパターンを知ることができ参考になります。

[blogcard url=”https://www.gskw.net/result”]

CSVデータも入手できるのでとても便利です。

 

まとめ

まずは、資料からキーワードを抽出し検索する。

そのあとキーワードに新しいキーワードを組み合わせて多角的に情報を探る。

これらがキーワード検索で情報を入手する基本となります。

色々なキーワードを組み合わせて多角的に情報を集めることで企画のクオリティを高めることができます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です