企画を始める前に確認すべき9つのチェックポイント

企画を頼まれたら、まず、すべきこと

企画を頼まれたら、いきなり資料集めをしたり、アイデアを考えるのはNGです。

まず、分からない点を確認し、それをクリアすることから始めましょう。

疑問を解決する4つのチェックポイント

企画を頼まれたら、次の4つをチェックしましょう。

  1. 依頼内容(オリエンシート、資料、口頭の説明)の中で分からないことを確認しましょう。
  2. 分からないことがあればその場で質問するか、自分で調べましょう。
  3. それでも100%の理解を得られない時は質問を作りましょう。
  4. 回答をいただき100%の理解をめざしましょう。

そうすることで

依頼に対する理解が深まります。

質問のやr鳥を通してあなたと依頼主の情報共有が成立します。

うまく質問が作れない方は以下の本を参考にすると良いでしょう。

次に、企画を考える上で必要な4つのチェクポイント

企画を立てたり、企画書を作成する上で以下のポイントをチェックしましょう。

  1. 企画書、提案書のスタイルは?(1枚か?複数ページか?)
  2. 資料はありますか?
  3. 企画のゴールは?(例:商品のシェアアップ、認知度向上、など)
  4. 予算は?(すでに決められているのか?見積を提出すべきか?)
  5. スケジュールは?

これらを確認してから企画を立て始めましょう。

まとめ

企画を始める前の9つのチェックポイントは、慣れてくると当たり前のように確認できますが、初心者だとうっかりチェックし忘れるときがあるので気を付けましょう。

いい企画なのに企画書のスタイルを間違えてはもったいにですからね。”

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です